自由自在の心

2012年10月10日

愛する人がいることは心弾むことであるけれど、時にそれが束縛にもなります。
家族がいることは嬉しいことであるけれど、煩わしくなることもあります。
子や親がいることは心の平安があるけれど、責任や心配もあります。
高知梼原天狗高原
一人でいることは自由であるけれど、寂しくもあります。
生きることは楽しいことでもあり、苦しいことでもあります。
長生きすることは喜ばしいことであるけれど、悲しいこともあります。
国があることは守られることであるけれど、果たすべき義務もあります。

全てのことに長所があり、短所があります。その中で左右に振られ振り戻されながら、バランスを取って人は生きています。
この世で生きていくには心のバランスが大切だと思います。
全て良いというものはなく、全て悪いというものもない。
何を基準にするかによっては上も下も、右も左も、善も悪もないのではないかと思えてきます。何をしても、何を考えても、何を選んでも自由自在。行きつくところは因果応報。
その結果をいかに受け止めるかであり、その全ての結果をどう受け止め、どう修めていくかが心の鍛錬であり、これが生きるということではないのかと考える今日この頃です。
行くもよし、帰るもよし、続けるもよし、止めるもよし、歩むもよし、休むもよし、笑うもよし、泣くもよし、全てよし。
考えながら、でも悩まないで、自由に生きましょう。今日もいい日でありますように。J.K

« | トップページ | »

ページのトップへ